喜ばれるお祝いとは

様々な場面でお祝いごとがありますが、その際に何を贈ったら良いか毎回頭を悩ませている方も少なくありません。贈る相手の立場や年齢などを考慮すると、さらに混乱してしまいます。定番のアイテムになりますが、一つこれといったものを自分で頭の中に置いておくとそのような悩みから解消されます。今回はお祝いの席に外せないギフトについてご紹介します。

胡蝶蘭個人であれば、快気祝いや合格祝いなどがあります。そのほかに、引越し祝いや開店祝いなどお祝いごとは数多くあります。今回、ピックアップする贈り物は「胡蝶蘭」です。誰かのお祝いで目にしたことや、店先や会社の受付などでみたことがあるかもしれません。胡蝶蘭はお祝いの贈り物として喜ばれる花です。また、性別や世代を問わずに贈ることができるため、困った時には胡蝶蘭の存在を思い返してみてはいかがでしょうか。

胡蝶蘭が日本に入ってきたのは明治時代まで遡ります。当時から、高級な花として一部の上流階級にいる方々に親しまれていました。輸入当時は栽培技術も今より低いためなかなか市場に出回ることがなかったのも、一部の人しか楽しめなかった原因の一つです。しかし、それから時は流れ、胡蝶蘭の栽培技術も高まり、現代では季節を問わず人々の手に渡る花になったのです。

この胡蝶蘭がお祝いの贈り物として、人気がある理由について、ご存知でしょうか。見た目以外にも多くの理由があります。上述の通り季節を問わずと言う点も贈り物として人気がある理由の一つに挙げられます。